• 外壁はラップサイディングでアメリカのトレンドカラーのグレイに。

  • 古きよきニューヨークの住まいの雰囲気を出すためにあえて梁をみせている。限られたスペースに建つニューヨークのアパートメントでは天井を高く見せ広く見せる工夫がされている。

  • 天井のホワイトと床の濃いブラウンのコントラストが美しいリビング。グレイッシュなソファを置き落ち着きのある大人の空間を演出している。

  • ニューヨークにある「アンダーズホテル」のロビーをモチーフにつくられたエントランス。壁面にブリックを張り扉も濃いグリーンにし重厚感を演出している。

  • アイランドがあるキッチン。57ストリートの絵画や棚もアンティーク加工を施し歴史を感じるニューヨークの住まいのように仕上げた。

  • キッチンの横にはランドリースペースとパントリーがありその奥にはミセスコーナーを設けた。家事動線もしっかりトプランニング。

  • 壁面の一部にモザイクタイルを張りホテルのパウダールームのような上質さと高級感を演出。

  • プラザホテルのスウィートルームをモチーフに。窓の下部にネルデザインを施し空間にアクセントを与えている。

  • 爽やかで可愛い子ども部屋。照明もニューヨークのアーバンテイストのものを使用。

  • ブルックリンにあるホテルをモチーフにしてデザインされたトイレ。壁面に半分タイル張りにし床も黒とグレーのタイルを施し大人かっこいい空間に。

普遍的な美を纏うニューヨークスタイルの家

伝統とトレンドが調和した住まい

流行に敏感な人々が集まるニューヨーク・ブルックリンで、伝統的で人気のある家を再現。
外観フォルムは、現地でトレンドカラーのグレーに。外壁はラップサイディングで仕上げた。
また東海岸でよく見られるジョージアンスタイルからヒントを得たコラムポストを採用。
窓のすぐ脇に鎧戸を配するなど、ディテール、サイズに至るまで、北米様式に則った本物のデザインとなっている。
室内空間においては、リビングの天井を剥き出しに仕上げるなど、昔のニューヨークの住宅の姿を忠実に再現。照明の配線も隠蔽配管とせず、あえて見せることで、本場の雰囲気を演出するというこだわりを。
空間を構成する上で重要なインテリアや絵画は、いかに美しく見えるかを計算したうえで窓の配置を決め、さらに照明計画もきちんと立てながら設計を進めていった。
このように暮らしていて楽しい、心落ち着く住まいが完成するのである。
いつまでも格好よい大人でありたい。いつまでも自らの感性に語りかけてくる住まいに暮らし続けたい。

掲載企業一覧company